Happy Aging

ハッピーエイジング。

これは、就活でリクルートの面接に行ったとき、
ゼクシィの編集長が言っていた言葉。
貫禄はあるけどお肌ツヤツヤの女性で、
黄色のミニのワンピースに、太くて黒いヘビ柄のベルトをしてた。
マンガにでてきそうな、
「プラダを着た悪魔」から飛び出てきたんじゃないかって思うような、
”what is called キャリアウーマン!”で、
ひよっこな私には、まじ超キョーレツなパンチだった。

老いることを憂うのではなく、
 歳を重ねるごとにますます幸せになっていく。

 

それが彼女のフィロソフィー。

ゼクシィ編集長、独身。

・・・。

・・・。

・・・、すんまへん、正直言います。
複雑っす。笑

私は~なんとなく結婚したいなぁ~
なんとなくだけど。
まわりに素敵なお手本カップルがいるし(。-_-。)

いや、今日書こうと思ったのは結婚じゃなくて。
「老い」です。
前置き、なげー…( ´Д`)y━・~~

で、このCM。ちょい長いですが見てちょ

私のおばあちゃんが認知症って診断されて、そろそろ4ヶ月。
梅田で電車を降りてから会社に着くまでの間、できるだけ毎朝電話するようにしてる。

大学時代に買ってあげたケータイにかけるんだけど、
いつもボタン押し間違えちゃって切ってしまう。
毎日毎日、切ってしまう。
毎日反省するけど、毎日切ってしまう。
そして、言い訳する。
認知症の特有の症状で、「離れたところに置いてた」とか「洗濯してて気づかなかった」とか
自分を取り繕う。
まだ軽度だけど、これからを想像すると・・・いやだ。

私も、うすでに働くほどに(給料泥棒するほどに)育ってるんだから、
もちろん、おばあちゃんもどんどん老いて死に近づくいて当たり前なんだけど、
それを認められないし、ちゃんとできないおばあちゃんに腹立たしさすら覚える。

でも、イライラしてあたると、病気は進行するし。
我慢。・・・それがつらいのよね~。

はじめに紹介した「銀のさら」のCMは、会社で隣の席の先輩が見ていて、
ミーハー心でちょいっとのぞき見るつもりが、声を上げて号泣してしまったもの。
感動、ではなくて、私は、おばあちゃんのこれからを想像してしまった。
九州で年末年始に放映されたみたいなんだけど、コメント欄も賛否両論よね。
広告会社に勤める人の目線で見てなくて、
単なる、認知症の祖母を持つ孫の目線~!みなさまごめんね~!笑

関西配属になったのは、きっと、
大学時代に放ったらかしにしてきた家族を大切にしなさい、っていう神のお告げだと思う。
少しでも、おばあちゃんのエイジングを、少しでもハッピーにできるように。
明日も電話するよ~!
切るなよ~!笑

きっとこれは、私のハッピーエイジングにも繋がる。

で、もともと「銀のさら」はエッジの効いたCMを連発している会社なので、
もうちょっと紹介します。
はじめの2つは最近ので、最後は総集編。
これの続編であの最初の認知症かと思うと、面白すぎてちょっと腹立ちますが、
お肌に悪いので、大目に見て寝ることにします。笑
ぷぷぷ~


広告

Happy Aging」への1件のフィードバック

  1. いい文章だね。素敵よ。私のおばあちゃんも認知症になってもうて。去年のGW、私の廃人レベルがマックスのときに会いにいったわけですよ、丹後まで。もうさ、複雑よね。「きっとこれは、私のハッピーエイジングにも繋がる。」の部分にちょっとドキリとした私がいたり。

    今ね、「日本人の死に時」っていう新書を読んでて(どうしてこんな本が某在S日本大使館にあるんだという話だけど)、考えさせられます。老い・・・・オイ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中