琵琶娘。〈前篇〉

ぱちん。ぱちん。・・・ぱちん。
デスクで爪を切るおじさんが多い会社で、
今朝は、

脳波で動く猫耳を着けたお兄さんが

「ねこみみゲット~♥」って言いながらフロアうろうろしていました・・・!

この先輩(お子さん有、推定30中盤)も、超すごい人なんだけど、
猫耳も猫耳で超ハイテクらしい。。。
作っているのはneurowearって会社。
http://neurowear.com/

リラックスすると垂れるというこの耳、
本日、連休中日で、

絶賛リフレッシュ出社中

のもなおさんが着けると、垂れっぱなしでしょうね!
あ、平日もかな?
ばれるばれる~~!(*´ェ`*)ポッ

でもほんとすごい耳!
あの後、いろんなおじさん先輩が試着してたけど、
ぴくぴくぐねぐね!みなさま脳波出てる!!

さて!
GW前半の3連休、
大学時代のマドンナ(大学病院秘書)と、
自由すぎる幼馴染(国家公務員)と、
もなおさん(給料泥棒)の
OL3人組、
チャリで琵琶湖一周、行ってきました!
略して、琵琶娘。
なんちって。

結論。

6段変速付きのママチャリで160キロ、
案外いける!

まあ2泊したからね。
60キロ、60キロ、40キロに分けて。
(上の地図とコースは関係ありません。)
「1泊でも行けなくはないけど、ケンカするよ・・・!」
との忠告をきちんと守りました。
まあ確かに途中、あらゆるものが極限に達しそうだったわ。笑

今日と明日はGWスペシャルということで、
この琵琶湖一周チャリの旅について書きますね~!ふふふふ~

コースの出発地点は、安土!
もなおさんの華麗なる1時間寝坊により、11時スタート。
ほんまにすみませんでした。。。

安土城跡を、和舟に乗り、
地元のおじいちゃんボランティアによる船頭/ガイドで満喫。

からの、ひこにゃんは無視して、
Club HARIEのベーカリーでお茶。
女子旅っぽくない?

からの、長浜の黒壁へ。
ガラス細工が素敵な街で、
黒壁にちなんだ黒いソフトクリームを食べたり。
いや~、ほんと女子旅だよ~!

途中、ナンパもされたんだよ~?笑

マドンナに群がる飢えた野良犬たち。

でも、そうこうしてるうちに日は沈み、
元々何もない琵琶湖沿岸は
夜のしじまに飲み込まれ、真っ暗になっていったのでした。。。

時すでに19時過ぎ。
途中休みながらも、北上を続け、もう8時間は漕いでいます。
道狭くて車こわい。疲れた。お腹すいた。足痛い。

しかし、宿にはまだ到着せず。
最後の峠越え、余呉湖への道が残っています!!!
でも、まわりは真っ暗。
福井との県境も近い超ド田舎には、休憩できる店などなく、
牛ガエルの不気味な声が響くのみ・・・!

そんな3人の前に突如現れたのが・・・

レスト喫茶 オアシス・・・!!!

高速の入り口のすぐ外にあり、
窓は全面スモークなので、薄暗い店内の様子は見えず、
外には傾いて日焼けしたレトロな看板が立ち、
パトカーみたいなランプがクルクルしてるやつがある、
怪しすぎるにも程があるほど、オアシス感0%の怪しいお店でした。

「いくらなんでもここは・・・」
「でも、もうここしかないよ・・・・」
「ねえ、ちょっと、、、カラオケが聞こえる・・・!!!」
「ほんとだ・・・」
「どうしよう、、、」
「いく?」
「行く?」
「・・・行っちゃえーーーー!!!」

なかば、というより、
120%勢いで押したガラス扉の向こうには・・・

場末のカラオケ喫茶が広がっていた・・・!笑

※この写真は、私たちが最後にステージから撮ったので、
  みなさんにはこちらを向いていただいております。

そこで、ビビりながらも、
歯ごたえのある「味噌カツ丼(750円)」をむさぼるOL3人。

うちらの存在に関係なく、おっちゃんの演歌は続く。
それでも、歌詞に合わせて、
「あなた」「美しい人」「泣かないで」とかって箇所で
逐一、もなおさん御一行に目配せや手ぶりをくれるおっさん。

・・・か、かわいいやんけ!笑

それに触発されたのか、
自由な公務員が突如、席を立ち、

「うちらも歌っていいですかー?」

・・・!?!?!?!

あんた、今まで全然元気なくて、
一番漕ぐの遅かったやん・・・!
さっきもあんたを待ってたやん?
・・・さすが自由人!笑

何となく、洋楽をいきなり歌い出すような気配を察知したもなおさんは
「一応、一曲目やし、みんな知ってる歌にしてよ♪」と釘を刺したり。
壁一面に演歌歌手のサイン入りポスターが貼ってあるこのお店で、
本人は、やっぱりKaty Perryの「California Girl」を歌おうとしてました。
どこまでも自由!好きだぜ!

その後も、疲れ果てた体に鞭を打つように、
おっさんが歌う、聴いたことのない歌や、
後から登場しためちゃめちゃ上手なおばちゃんの曲に、
合いの手や黄色い声援、拍手を送るOL3人。
なんたるホスピタリティ・・・!笑
会社でも発揮しなきゃね♪笑

自由な公務員も満足に歌い切り、
そろそろ宿の最終チェックインの時間が近づいていることをママに告げると、
ママも、お店のお客さんも、一緒に地図を覗き込んで、
全員総出で、途中の道のこと、
特に、とにかく真っ暗なので、

野生動物に襲われないように騒いで行け

とアドバイスをくれました。

そして、最後に、私たちの応援歌として
「また逢う日まで」だったか「また逢いましょう」だったかを
熱唱してくれたママとお客のおばちゃん。

記念にパシャり。

左下がママ。
おっさんの指が映り込んでいるのがまた臨場感。笑

1日目。
ここで元気をチャージしてもらえたおかげで、
宿までの山道、
真っ暗な山道、
疲れ果てて、からの山道、
本当に本当に真っ暗な山道、
遠くでガサガサっと音がする山道を
30分ほど熱唱しながら漕いで、
なんとか無事、宿にたどり着くことができました。
ほんとうにオアシスでした・・・!

てか、1曲100円だったんだね!
きっちり400円取られたよ!笑

そんなこんなで、今日はこの辺でお先に失礼しまーす!

琵琶娘。、後篇へ続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中