サーカス団に説得の手紙を書く

ごてあらポー!!!
だいたい隔週の金曜日に、
「東京シック」になるのですが、
本日木曜日、
かなり、東京が恋しいです。かなり。
そんな夜は、心の中で…

ごてあらポー!!

20120628-233659.jpg

サイバーエージェントが
社員のシェアハウスを開設したそうな。
このもなおさんが暮らす猿山の牢獄寮だって、
言ってみれば、シェアハウスなのではないでしょうか。
一つ屋根の下だし?
同じ釜の飯食ってるし?

でも、本当のシェアハウスみたいに、
共同スペースでわきゃわきゃ、
みたいなのは、
たとえどんなにパッションあふれる会社の仲間とはいえ、
やりたくないなぁと思います。
似たテイストの人といるのは楽だけど、
慣性の法則にどこまでも忠実なもなおさんは、
その環境に甘えちゃって、世界が広がらなさそう。

さらに、
CAの場合はエンジニア/クリエイター限定、ってところがみそで、
寝る間も会社に管理される、っていうか、
ワーク ライフ ミックス、っていうか、
ライフ オンザ ワーク、っていうか、
この「シェアハウス」こそ、ある意味監獄なのでは・・・と思ったり。

まあ寝てても餌をもらえるような、
大阪北部の動物園の猿山にいて何を言う!
ってかんじですかね\(^o^)/

早くボス猿になりた、、くはない!
早く借り上げ社宅に引っ越したいっ!

なんてことを考えながら、
かつてもなおさんが所属していたサーカス団に、
説得というか、なんでやねん!的な
メールを書いていたらこんな時間になってしまいました。

サーカス団の出身者は、
サーカスに入りたい!と夢見る人で、かつ、
出身者自身が、この人こそ!と信じる人に、

「黄金のパスポート」

と呼ばれる、奨学金を渡すことができるんです。

かつてのもなおさんも、
今は東京でバリバリ人生謳歌中の皿回しの先輩に
この奨学金をもらいました。
Pay It Forward でしょ、世の中。

何ヶ月も前に事務局の担当者に伝えていたのに、
行く直前で確認したら発行されていなくて。
カントリーマアム(アメリカのおばあちゃん)だからって、
許される話ではないでしょう。
ぷんすか、ぷんすか。

本当は、
サーカス団のことをもっと書きたいんですが、
今日このまま、サーカス団について書くと、
絶対秘密の虎の調教師のおじさんと
マジックの箱に入るお姉さんの関係とか、
鉄球の中でバイクに乗るお兄さんの過去とか、
べらべらしゃべっちゃいそうだから、
今日はこの辺にしておきますね。

ってことで、お先に失礼しまーす!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中