脱法レバーと命の覚悟

セネガルでの日焼けと、
大阪での冷たい視線のために、
ほっぺたがモンゴル人みたいになっています。

そうです、
赤くて乾燥してて、
カピカピでチクチクです!

ちなみに私・・・26歳現役OLです♥

皆さんごきげんよう!
今日は私のセネガル旅行を1週間前倒しにさせた、
いわくつきのソリューション試験とやらの日でした。
試験の結果、3年目夏以降の配属に影響が出るとか出ないとか・・・
なにはともあれ、
人事よ、
航空券の変更手数料、くれ!(笑)

「で、セネガル何してきたんだよ!」
口笛の上手な部長は言いました。

うーん・・・
世界を回っている部長にとって、
昨日の話はどれもウケが悪そうだし・・・

「あ、生レバー食べてきました♥」

一瞬凍りつく部長。
無言で視線を寄せるキリ眉先輩、
ダーツ先輩、そしてイタリアン先輩。

わあ!グルメなチームだから、
やっぱりみんなうらやましいんだ♥と思って
口を開こうとしたその瞬間、

「いくら俺でも無理だッ」

・・・えっ!
ぶ、部長・・・!?
そして、先輩方も次々に言いました。
キリ眉先輩「あーあ。じきに腹破ってエイリアン出るわ。関西支社全滅・・・」
ダーツ先輩「オレ、隣、やばいよ、移る、、なんでお前会社来てるの」
イタリアン先輩「・・・潜伏期間あるらしいよ。」

なぁ、なんだって・・・!?!

日本で生レバーが禁止されることになった背景には、
カンピロバクターという菌が、
一定割合の牛の内臓に含まれているから。
新鮮とか、清潔とか、関係ないんだそう。

そして、セネガルのレバー、
たとえ新鮮だとしても、
決して、決して清潔だとは言えないでしょう・・・!!!
だって食べたの屋外だし!!
その真後ろで、

バケツにブチ込まれた
ぶつ切りのレバー、
直射日光差し込む場所で、
素手で串に刺してたし!!

挙句の果てに通りかかった先輩に
「塩素でも飲んで消毒しろよ・・・」
と言われる始末・・・

「私が勝手に『有楽町』って呼んでる場所なんだけど・・・
生レバー食べ行こうよ~!!」

先週の木曜日、朝6時半に
ダカールでもなおさんを誘惑したのは、
そう、準アフリカン・ナツノです。

普通の人なら見落としてしまうような、
いや、そこに入口があっても、
怖くて奥には進めないような
薄暗い洞窟のような場所の先には・・・

炭火串焼き屋!3軒!

そして、言うまでもなく、
煙とおやじでむんむん!

むんむんっ!

むんっむんむんっ!!
※平日の朝7時です。

ちなみにこの並びあった3軒、
焼いているものは全部一緒、という・・・(笑)

で、出勤前のナツノに連れられ
もなおさんが辿り着いたのは真ん中のお店。
座って注文を、となったとき、
ナツノは自慢げに言いました。

「まあ生レバーッて言っても、
勝手に私だけが
生で食べてるんだけどねッ★」

・・・っておーーーい!
大丈夫かーーーい!
真相は煙に巻く主人。

うそです、ほとんど会話してません。(笑)

で、普通のセネガル人は、
よく焼けたレバーを食べます、
使用済みコピー用紙の裏にたっぷり盛られた、
黄色い粉と茶色い粉をつけて。

でも、ナツノはおやじに言いました。
「(フランス語)こっちじゃなくて、それ、生のヤツ!」
そう、おやじが自分の手前の方で、
これからまさに手塩に掛けて焼こうとしていた

串刺し生レバー!

ここだけの話、
はじめの一口、めっちゃ迷いました。
場所が場所ですもん。
煙くて薄暗い洞窟みたいな、外ですもん。
てか、それ以前に

ここセネガルですもん・・・!

でもね、
去年のガンジス川の自分を思い出したんです。
「ここで泳がなきゃ、一生後悔する。」
食い意地の張ったもなおさんは思いました。

「ここで食べなきゃ、
ほんのちょっと損する!」

そしてぱくり。
ぱくり・・・ぱくり、ぱくりぱくり。
ぺろり。
完食。

久しぶりのレバーは、
(串刺し用なので)厚切りで、
とろ~り濃厚で、
舌にまとわりつきながら、
ほんの少し、
もなおさんを心配させただけでした。

まだ顔面が引きつり、
ビクトリア湖での病原菌の話を続ける部長に、
もなおさんは言いました。
「でも私、去年もガンジスで泳いでますよ?」
すると、部長はすかさず言いました。

「が、ガンジスはいいんだよ!」

あ、いいんだー!(笑)

ってかんじで、
一般的な発症までの潜伏期間と言われる
7日目まではあと2日・・・

セネガル、ドライバーとの事件とか、
いろいろ命の覚悟の瞬間はあったけど、
このなんともなさそうな生レバーに
一番、
今更ながら、
命の危険を感じています・・・。

なにはともあれ、
最期に生レバーを食べれてよかったです。
おやじ、ありがとな!

ってことで、
今夜もお先に失礼いたしまーす!
(僕はまだ死にましぇん。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中