パンクに扶養控除

「あの・・・もなおさんですよね?」
朝ごはんの時間、
猿山寮の食堂で
おそるおそる声をかけてきたのは、
後輩のメガネ猿のびたくんです。

の「雰囲気変わりましたよね~!」
も「髪切ったからかな?」
そうなんです、
同期にも認識されない程、
暫くぶりに会う人には認識されない程、
今年1年で1mくらい髪切りました。

のびたくんは続けて言いました。
「あ、そうなんですか?
それより・・・今日みたいに、

冬はやわらかい素材

も着られるんですね!

夏はもっとパンク

なイメージがありました。」

え・・・!?そこ?!(笑)
その日はセーターを着てたんです。
薄紫みたいな青みたいな色の。
H&Mのやつ。

冬は柔らかい素材・・・
セーター

夏はパンク・・・
punk

えっと・・・

七変化できる

という捉え方でいいでしょうか?

なんだかこっちが気まずく、照れくさくなってしまい、
「そ、そうかな・・・♥」とだけ答えて、
あんまり噛まずに、
おみそ汁も流し込んでそそくさと食堂を後にしたのでした・・・。

さあ水曜日!!

みなさんはそれぞれのお勤め先で、
「扶養控除の申告書」は提出されましたか?
そう、これです。
扶養控除

今日はこの提出期限でした。

細かいし、言葉も難しいし、
よくわかんないんですが、
細かいフォームを埋めていく作業には
比較的快感を覚えやすいもなおさん。

内心、
「ふっ、出来たぜ、ベイビー」と思いながら、
その達成感を押し殺しつつ、
「これであってますか?」
と遠慮気味に、
集めて回ってくれているスタッフさんに渡しました。

すると・・・
「ちょ・・・!ここ、ちゃうわ!(笑)」
爆笑するスタッフさん。

覗きこんでくる隣のダーツ先輩。
そして肩を震わせながらひと言、

「お前、
自分を配偶してどうすんの・・・(笑)」

え、え、え!?
もなおさんはただただ、
社内掲示板にあった見本の通り書いたんですけど・・・
配偶者欄に自分の名前・・・?
あ、ほんとだ♥\(^o^)/

見本では、
本人が「〇〇太郎」となっており、
配偶者欄が「〇〇花子」となっていました。
正真正銘乙女♡なもなおさんは、
「〇〇花子」の欄にも、
自分の名前を、
生年月日を、
そして、住所欄には「同上」と、
なんの疑いもなく記入したのです・・・!

スタッフさんは言いました。

「ここはね、
結婚してる人が書くところ!」

二重線を引き、
訂正印を捺すもなおさんに、
さらに、スタッフさんは言いました。
「覚えときや?

この欄はね、女の人の場合、
旦那さんを養ってあげてる人
が書くところ。

だから、そうそう書く人おらんのよ~?」

訂正が完了するまでのほんの数分の間に、
もなおさんが自分と配属している事実は
チーム全員の笑いの種に。

結婚!扶養!
(あらゆる意味で)
★困難\(^o^)/★

「それにしても、なんか、あれだな・・・」
最後にぼそっと放たれたダーツ先輩の憐みの声が
ジングルベルと一緒に
頭の中で無限ループなう、です・・・

でもまあ、
こうやってひとつひとつ、
もなおさんは賢くなっていくんだな、と思いました。

ってことで、
今夜もお先に失礼いたしまーす!
寒いよー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中