蜂起する若者

昨日おとといのカレー欲の次は、
唐揚げ欲との闘いが
もなおさんと苦しめています。

ざくっ・・・
じゅわっ・・・
はふっ・・・

もなおさん、実は、日本唐揚協会認定の

カラアゲニストですっ!

そんなことより!
今日で終わりー!
1月終わりっー!

ジャンバルジャーーーン!!!!

はい!ファンファーレではありません!
昨晩観に行った「レ・ミゼラブル」の主人公の名前です。
ヒュー・ジャックマンが演じております。

フランス革命なのに、
なんで全員が英語を話しているか、
という問題は置いといても、
とってもとってもとおおおおおっても
気持ちのいい作品でした。

なんせ、蜂起する若者がかっこよすぎて!
なんせ、コゼットのぽってりしたくちびるがうるうるで!
なんせ、ジャベールの苦悩がひしひしと伝わってきて!
なんせ、3時間弱、きちんとトイレも我慢できたし!
もう、
とにかく、
みなさま、
ぜひ、観に行ってください。

スクリーンでみるミュージカルなのに、
ここまでよかったな!!!って思えたのは、
佐藤隆太の「ボクの四谷怪談」よりも
エネルギーに満ち溢れてたし、
BIGBANGのライブよりも迫力あったし(!)、
宝塚「ベルサイユのばら」よりも衣装に手が込んでたし、
年末お付き合いで行った韓国ミュージカル「光化門恋歌」よりも、
キャストが知ってる顔だったからではないでしょうか。
と、自己感動分析をしております。
『生/ライブ』が好きなもなおさんなのに。
その辺のよりは、「ラ・ミゼラブル」、

我ラ・魅せられル!(笑)

そう、で、振り返ってみて思ったんですが、

年末から若者蜂起率高くて(笑)

BIGBANGはさておき、
「ボクの四谷怪談」もなんか暴れてたし、
宝塚「ベルサイユのばら」
ちょうどフランス革命がテーマだったし、
「光化門恋歌」も、
1980年代に韓国国内での民主化運動で
学生と政府の対立がテーマだったし。

・・・蜂起する若者、美しいっ!

てゆうか、

若いことは美しいっ!!!

はい、もう完全に何目線なのか分りません。
でも、貧しくても、弱くても、
どんな状況でも、
諦めずにがんばっている姿、
それを見るのが好きなんです、もなおさん・・・♥

帰り道、
フィリピンLOVERのサキさんともなおさんは
「やっぱり貴族でないと幸せになれなかった」とか、
「やっぱり顔が大事」とか、
本当に、ひねくれた感想を言い合って、

私たちこそ、ラ・ミゼラブル・・・!

(※ラ・ミゼラブル=「悲惨な人々」「哀れな人々」の意)

そんでもってですね、
すみません、まだもうちょっと続きます、
昨日は長かったんですよ。

サキさんと別れてから、
会社の後輩クンに遭遇しましてですね。
しかも、彼、高いヒールでふらっふらの女の子を
まさに、寮に、連れ込むところでして・・・!
寮には誰も泊めちゃいけないから、
悪いのは後輩クンなんですけど、
もなおさんの方が、妙に、逆に気を使ってしまって
二人に気付いていないように装ったり、
歩く速度を調整しちゃったりなんかして。
なんか、ラブラブな二人のせいで、

もなおさんの心、荒ぶル(涙)

そして、12時半、
やっと寮の自分の部屋に辿り着いたところで、
なんせ、ハートが荒ぶっていますから、
映画の最中に食べようと思っていた
おいしそうなパン(チーズ×紫蘇とチョコ×いちじく)を
半ばヤケになりながらぺろっと食べてしまってですね。

もなおさん更に、でぶル・・・(号泣)

はあ。
こんな事ばっか言ってるから駄目なんだろうな・・・

とは言いましても!
この給料泥棒日記こそ、
もなおさんにとっては、
ある種の蜂起ですので。
パリの若者さながら、

せめて、戦って書きたい放題書いて
死のうお先に失礼しよう!

赤は、怒れる者の血!
赤は、夜明けの世界!
(どちらも劇中の歌詞です)

ってことで、Salut!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中