フィリピン女性と秋の空

一気に日陰が心地よくなりました。
まだ日中は32度とかだけど、
それでも、40度とかいうムチで
日々かわいがられることに慣れていたら
30度OVERでも全然涼しい・・・!

8月ももう終わり。
そういえば、

「ワタシ日本大好キ!
ダッテ、季節ガアルモンネ!」
って、フィリピン人のお姉さんも言ってた・・・!

夢のようなバカンスの後の、
悪夢のようなあの日からもう1週間か・・・。

ってことはちょうど木曜日!!!

今日は長いです!笑

実は先週、
月曜日と火曜日、
お休みをいただいておりました。
週末とくっつけて、
お馴染みマドンナと一緒に、
私たちにとってははじめてのバカンスへ
フィリピンはセブ島へ出かけておりました。

海の境目が分からない、
インフィニティエッジのプール。
IMG_2445

夕焼けとモヒート。

胸板がまぶしい
韓国人がジェントルなクラブ。

あらゆる意味で怖い
高層階のアトラクション。
IMG_2375

お花のフットバスから始まる
2時間至極のホットストーンスパ。

マンゴーマンゴー、
そしてまたマンゴー!
IMG_2413

誰にも邪魔されない
海辺のソファーでのうたた寝と読書。。。

超弾丸で超短期間でしたが、
今まで味わったことのないほど素敵な
目くるめくバカンスを過ごしていたんです。
だったら誰でも思うでしょ、

「現実に戻りたくないな~・・・」

もれなく、もなおさんもそう思いました。

最終日の火曜日早朝、
後ろ髪を引かれながら
セブ島のホテルを出発。
なんだか天気が悪くて、
2時間弱飛行機の到着が遅れたものの、
なんとかマニラへ。
それが悪夢の予兆だとは思ってもいませんでした。

マニラへ到着。
が、しかし、
待てども待てども来ない飛行機。
そして突如発表される

午後便全便欠航のアナウンス・・・!!!

IMG_2454

たしかに、たしかに、
現実に戻りたくないって祈ったよ。
でも、でも、、、
こんなに早く願いをかなえてくれるなんて・・・

Oh My God!!!

この間までは大学生だったので、
帰国日がどんだけ伸びても、大丈夫でした。
しかし、いまやもなおさんはOLさん。
しかも、新聞の部署です。
もちろん、新聞は毎日発行されています・・・!

4年前の大雪の夜、
ストックホルムの空港カウンターで見た、
高圧的なビジネスマンを思い出しました。
「なんとしてでも
今日飛ばないといけないんだよ・・・!!!」
やっと今、彼の気持ちがわかる気がしました。

ただ、なんせ台風直撃ですので。
マニラ市内の60%が冠水してますので。
マニラ空港、離着陸不可ですので。

マニラに封鎖されて、帰国できません・・・!

これまでの優雅なのんびり感を
取り戻すかのように、
怒涛の戦いが幕を開けました。

まず、航空会社で手続きをするための列。
お昼過ぎに並んだのに、
整理券を得られたのは夜7時をすぎていました。
IMG_2460
振り返ればいつも・・・無限に続く列。

午後の便がほぼ全欠航になったので、
荷物を探すのも一苦労でした。。。
IMG_2468

日本人のカップルは、バカンスでのラブラブから一転、
なんだか不穏な様子。
フィリピンママの腕の中であやされる
中年日本人男性との赤ちゃんは不機嫌。
結婚してんのかはわかんないけど、
グレーヘアの日本人男性とフィリピン女性のカップルは
とにかく大人な雰囲気。
日本人大学生はぽけーっとしてるし。

途中、シンガポール人と話していると、
「マニラ市内から空港にたどり着くまで、
胸のあたりまで浸水していた、超大変だった」
と言うのです。
またまたぁ、どうせ足首くらいでしょ?
大袈裟なんだからぁ〜!と話半分に聞いていたら・・・
IMG_2482
ほんとだった!笑
IMG_2477
空港に缶詰だったので気づかなかったのですが、
マニラでここまでなるのは
ものすごく久しぶりとのこと。
そのため、テレビは台風のニュースでもちきりでした。

土砂降りの中、
雨がかからないところ、
かつ、安全なところを確保しながら、
順番待ち。
日中の気温が27度くらいと超適気温なので、
日が暮れると、しかも、雨だと、
ちょっと肌寒いんです。
寒さを凌ぐために室内に入ると、
ごった返す航空会社の事務所は
湿気でむしむし。
しかも、みんなイライラ。
怒号が飛び交っています。
IMG_2461

それでも、
もなおさんは先輩に現状報告を続けます。
「あと2500人後に順番来ます。」
「明日の天気も怪しく、飛べて木曜日になりそうです。」
「○△寿司の原稿、入稿お願いします」

夜更け過ぎ。
精神的にも体力的にもギリギリでした。

そんな中、いつも視界の端できらめく存在がありました。
それは、

フィリピン人女性たち!!

順番抜かしを叱り、
もたもたする係員に指示し、
他人の赤ちゃんをあやし、
隣のおじさんにもアドバイス。

そんなお姉さんたちの多くは、
名古屋まで帰るとのこと。
「栄で働いてるよ♡」と教えてくれました。

素敵な笑顔、
上手な日本語、
柔軟性もある結束力。
そして、肩にはブランドバッグ。

名古屋の栄と言えば、名古屋一の繁華街。

・・・お仕事内容、
具体的には聞けませんでした。

これは、
こっちの大変な妄想による障害なんですが、
どうしても、どうしても、聞けませんでした。
もなおさんがもっと純粋だったら、
もっと無垢だったら、
もっとあつかましかったら…!
でも記念に、
特に仲良くなったメンバーとぱしゃり!
IMG_2488

もはや避難所と化した航空会社のオフィスで
うたた寝しながら、
周りの日本人と情報交換しながら、
ごろごろ寝っ転がる人をまたぎながら、
電源をシェアしながら、
順番待ち。

そして、やっと順番が来たのが、
ひと晩あけて、
水曜日のちょうどお昼ごろ。

ただ、そこでは衝撃的な宣告を受けました。

「今からですと、最早で
土曜日午後の飛行機になります。」

ぎょええええええ・・・!
たった2日、お休みいただくだけだったのに・・・
お仕事の引き継ぎは一応済ませてきているとはいえ、
新聞は毎日発行されています。。。

「ええ、アップグレードですと、
明日の飛行機、16万円です。」

ぎょええええええ・・・!
前半のバカンスで使っちゃったので、
そんなお金、一円も残っていません。。。

早く帰らないといけない。
でも、お金ない。
でも、早く帰らないと・・・
ぎょええええええ・・・!

(できれば)
帰りたくないけど、
(大人の判断としては)
一刻も早く帰りたい・・・!

マニラと大阪の時差は1時間。
ちょうどお昼休みで、
かつ、航空券の手配に慣れている人・・・
そうだ!
おっくんとサキさんだ・・・!
急いで二人に連絡し、
急いで調べてもらい、
急いで購入してもらい、
本当におんぶに抱っこで、
マニラからの帰りのチケットを買ってもらいました。
二人は本気で命の恩人です。
本当に、本当にありがとう!!

そして、
台風も一旦収まった水曜日の午後、
もなおさんとマドンナは
マニラを脱出したのでした。
マドンナは広州経由で成田へ。
もなおさんはクアラルンプールで乗り換えて、
関空へは朝8時到着。

セブ島のホテルを出て51.5時間後。
ギットギトの顔と、
汗だくのTシャツと、
根性と意地とで出社いたしました・・・!

その後、
ちょっと叱られたり、
うまく回らないこともありましたが、
反論とかする気力が残っていませんでした・・・笑

バカンスに行ったはずだったのにな・・・

もともとの帰国は火曜日のはずが、
木曜日の朝になりました。
やっぱり、バカンスなんて
向いてないってことなんでしょうか。
やっぱり、バカンスなんて
まだ早い、って意味なんでしょうか。
バカンスなんて気取ったから、
罰が当たったのでしょうか。

今回はしれっとサクッと帰ってきて、
11月には1週間のグアテマラ旅行に
ドヤ顔で出かける予定だったのに・・・
もはや誰にも切り出しにくくなってしまいました。。。

でも、先週の木曜日は、
なんだかよくわかんないけど、
得も言えぬ達成感がありました。笑

2日以上かけて通勤できたんだから、
今後多少のことはへっちゃらです。
社会人の大変さも分かったし、
オトクな旅だった、ってことにしよう\(^o^)/

もなおさんも、
フィリピン人女性くらい、強くなるのだーーー!!!

ってことで、
今夜もお先に失礼いたしまーす!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中